トップページのMenu



クラブからお知らせ


なでしこひろば開催のお知らせ

JFAなでしこひろばin長野日大グランドを開催します。

実施日…4/13(土)、4/27(土)、5/19(日)、

5/25(土)、6/22(土)、7/13(土)の全6回

時間…9時00分~10時30分

場所…長野日大高校富竹グランド

対象…年長、小学生の女子(20人位)

参加料…無料でやります!

持ち物…サッカーできる服装、シューズ(スパイクでなくてもいいです。)、飲み物(水)、タオル

申し込み…エリセFC<問い合わせ>でご連絡下さい。

長野日大高校女子サッカー部さんとの共催になります。

長野日大高校の新しい人工芝のグランドで、思い切りボールをけってみましょう!

 

クラブNews


上越フットサル選手権優勝しました!

2月17日(日)リージョンプラザ上越で行われた「上越フットサル選手権」においてエリセFCはレディースの部優勝することができました。

昨年の諏訪フットサルリーグから中高生チームの勝利が続いていますが、今回の対戦させて頂いた新潟のどのチームもフットサルのレベルがかなり高く、エリセFCの潜在的な力を対戦することで引き上げて頂いた。と感じる戦いが続きました。特に準決勝のバルゴ姫さんJJwishさんのOGチームのsperannza2006さんとは一進一退の内容でどっちが勝ってもおかしくないといった試合でした。

運営して頂いた新潟県上越サッカー協会の皆様、対戦して頂いたチームの皆様、そして朝早くから夕刻遅くまで応援して頂いた保護者の皆様に感謝申し上げます。

<予選>

エリセFC 3-2 デルフィーナ

エリセFC 8-0 JOCCER

エリセFC 2-2 speranza2006

<準決勝>

エリセFC 2-1 バルゴ姫

<決勝>

エリセFC 0-0(PK2-1)speranza2006

1 コメント

ガールズフットサルフェスの結果

12月15日(土)中野市民体育館において「JFAガールズフットサルin信州中野」が開催されました。試合の結果は、

Over13の部(中学生以上)

優勝…エリセFC中野、JJwish(糸魚川市、上越市)決勝引き分け

3位…蟹谷ROSA(小矢部市)

U12の部

優勝…JJwish

2位…蟹谷ROSA

3位…エリセFC

U10の部

優勝…大町プチタフィタ

2位…エリセFC

でした。

雪が積もる中、遠くから参加してくれたチームの皆さんに感謝です。

 

やりました!諏訪フットサルリーグ1位決定!

今年初めて参加した「諏訪フットサルリーグ」もとうとう残り1節を残すのみになりました。
 月に1回のペースで開催されるリーグ戦に、エリセFCは11月の第7節まで一度も休むことなく参加することができました。選手メンバーのみんな、保護者・コーチたちに感謝!です。中3のメンバーたちは受験勉強と両立しながら週2回の練習とともにリーグ戦に臨んでいましたが、中学生たちの”サッカー・フットサルに対する熱い想い"をコーチは感じることができました。

 また、一回も休まずリーグ戦に参加できたことも”すごい!"と思いましたが、結果もなんと9チーム中第1位。秋に入り立て続けに2敗してしまいましたが、敗戦のいやなイメージを引きずることなく、今回の第7節(11/25)でリーグ1位を決めることができました。 
 12月は最後の2試合を残していますが、ぜひ勝利で締めくくりましょう!
(写真は試合後クタクタになって写っている?!エリセのメンバーたち)

なでしこひろばin信州中野

エリセFCの活動の一つとして、11月17日(土)中野市民体育館において、今年3回目のなでしこひろばin信州中野を行いました。1回目は中野市多目的サッカー場で、2回目からは屋内の市民体育館にて行っています。長野県の秋は短く夜になるとかなり冷え込みますが、広い体育館は、サッカーボールの弾む音と子ども達の歓声が響き渡っていました。                               第3回目の参加者は小学生10名です。市内の小学生に案内チラシを配布したり、JFAのホームページに開催の案内を掲載して頂いたおかげで、隣の長野市内からも1時間近くかけ参加してくれたお友だちもいました。                                                         長野県の北部地方はこれから雪が積もり、子ども達がグランドでサッカーを楽しむのが難しい時期になります。でも、ずっと部屋に閉じこもっていないで、思い切り身体を動かしたり、走り回れる機会を増やすためにも、私たちはでなしこひろばを続けていきたいと思います。

夢の対戦が実現!

エリセFCは、先日8月25日(土)に山梨県白州体育館で行われたフットサルの交流会に参加しました。対戦して頂いたのは昨年度、東京都女子フットサルリーグで優勝しているチーム。今年も関東女子リーグで活躍しているパタジータさんです。エリセにとって遙か雲の上のようなチームですが、エリセFCが今年加入している諏訪フットサルリーグで現在1位と言うことで、合宿に来ていたパタジータさんと対戦する機会に恵まれました。

試合は3回行い、0-1、0-2、0-3、試合を重ねるごとに緊張が取れエリセが攻撃する場面も増えてきたのですが、さすが相手は試合巧者です。エリセが攻撃に出たところ、逆にカウンターからパスを素早く回しシュートを決めてきました。今回惜しいシュートを放ったいぶちゃんは「相手の身体の使い方や足もとの技術はものすごかった。1点も決められず残念だったけど、積極的に攻めることができて、とても楽しかった。」と今回の対戦を心から楽しんだようでした。

 

諏訪フットサルリーグ現在1位

諏訪フットサルレディースリーグ第3節が6月24日(日)に原村社会体育館で行われ、エリセFCは今節2戦2勝で、諏訪フットサルリーグの1位をキープすることができました。
 今回の第1試合の相手は、今までエリセ同様全勝で勝ち上がっている長野市のメスコランサさん。メスコランサさんの今までの失点はなんと0点。無失点を続けています。
 試合開始の最初の5分はかなり攻められ防戦一方。あぶないシュートも2~3回ありましたが、思い切りの良いダッシュからのインターセプト、ナイスなポジショリング。相手シューターへの強烈なプレッシャーで、エリセFCは積極的に攻撃してくる相手に点を与えることがありませんでした。
  今回の試合は3得点の攻撃面のみならずデフェンスが素晴らしかったです。GKは無失点でエリセのゴールを守り続けてくれました。この安定した守りがあったからこそ、攻撃陣は積極的に攻めて行けたのです。まさしく今回のMVPですね!
 素晴らしい試合を見せてくれたエリセのメンバーですが、コーチが一番すごい!と思ったのが、選手達が自分たちで考え、判断し、声を出しながら動いていた姿です!
  出場しているメンバーの組み合わせによっては、まだ力が出せない場面もありましたが、それを今後の課題として、これからも練習頑張っていきましょう!

第4回マツヤスポーツ女子フットサル大会の結果

2月24日(土)エリセFCは長野県下の女子サッカーチームが集まる「第4回マツヤスポーツ杯フットサル大会」に優勝目指して参加しました。 U12の部において、優勝の最有力候補のトップストーンロゼッタU12さんと対戦し2対1で破り念願の今年度初優勝を決めました。本年度各種サッカーフットサルの大会において、残り数秒で逆転負けという経験が多く、手の届かないところにあった優勝杯を、地元中野で手にすることができ笑顔の輪が広がりました。 高校生中学生が参加するU18の部では、おおまぴょんカップフットサル大会で優勝しているトップストーンロゼッタさんと予選で対戦し、久しぶりに1対7で完敗でした。強豪相手になるとどうしても個人で突破しようとしてしまい、積み重ねてきた連係プレーがほとんど出来ませんでしたが、連携させない相手の守備隊形にはまってしまった…といえるのかもしれません。午後の3位決定戦では長野日大高校女子サッカー部さんと対戦し4対1で3位を決めました。小学4年生以下のU10の部では、8チーム中4位の結果を手にしました。

<U12の部・決勝戦>   エリセU12 2-1 トップストーンロゼッタ

<U18の部・3位決定戦>エリセU18 4-1 長野日大高校女子サッカー部

<U10の部・3位決定戦>エリセU10 0-3 トップストーンU10

ゼビオカップレディース大会の様子

ゼビオカップレディース大会が松本スカイパーク体育館で行われ、エリセFCは2月3日(土)は少女の部。2月4日(日)はレディースの部に参加してきました。

少女の部は予選リーグ3試合、4チーム中2位までが準決勝に進出です。結果は1勝2敗。

惜しくも予選敗退ですが、最終戦の諏訪スワンさんとの対戦で、引き分けていれば準決勝進出という状況で前半3対1。前半の内容から見て準決勝は行けそうかな。と思った後半に、なんと立て続けに3失点。残り1分で1点返し引き分けに戻したものの、残り3秒でカウンターから1失点。試合終了後はエリセのみんなが号泣状態…。勝負の厳しさを経験することになりました。

レディースの部は、予選リーグ5チーム中2位までが準決勝進出です。エリセの対戦相手は塩尻アンテロープさんと源流さん。この日のために、全敗した10月のU15選手権大会以降、週3回練習や練習試合を積み重ねてきており、エリセの選手達にも少しずつ自信も芽生えてきました。コーチ達も上位入賞も期待できるチームに成長してきたと思っていました。…が、現実はそんなに甘くありません。アンテロープさんとは途中までは本当に互角以上といってもいい内容でしたが、セットプレーからの失点から今まで出来ていた前からのディフェンスができなくなり、フォアー詰めやボレーシュートなどいいようにシュートを決められてしまいました。エリセもアンテロープさんに対してシュートを打つまでは出来ていたのですが精度が低く、得点もあいらさんのゴールすみを狙った1点止まりの1対4という結果で敗退でした。2試合目の源流さんとの対戦は、たとえ源流さんに勝ったとしても得失点差の関係で、17点差以上で勝たないと準決勝に勝ち残れないという状況での対戦でかなり精神的にもきつい試合でしたが、でもエリセの選手達はひるむことなく果敢に攻め続け、この試合は2対0。試合には勝利することが出来ました。Aグループからは結局、塩尻アンテロープさんと源流さんが準決勝に進出しました。これも勝負の厳しさですね。

午後は準決勝に残らなかったチーム同士でフレンドリーマッチを行いましたが、エリセはなんとそこでは全勝!公式戦ではありませんでしたが、最後はみんな笑顔でゼビオカップレディース大会をあとにしました。

ゼビオカップレディース大会に向けて

1月22日の夜…月曜日ですが、2週間後に迫ったゼビオカップレディースフットサル大会に向けてトレーニングマッチを行いました。

いつもは中野平中の男子チームが社会体育活動として練習している時間帯ですが、今回は快くエリセの相手をしてくれました。とは言っても中平もこの頃フットサルの形が出来始め、手強くなってきています。

男子の速いパス回しやプレッシャーの中で、どれくらいエリセの良さが発揮できるかが今回のTMの課題でした。

ゲームは7分間を5回行い、エリセは残念ながら0勝…でもありがたいことに、中平の選手達はエリセに対し手加減しないでプレッシャーをかけてくれたおかげで、エリセの選手達の動きも徐々に速くなり、速い展開の中でも目が慣れボールウォッチャーになる場面が少なくなってきました。

最後のゲームでは残り3秒まで1対0でエリセがリード。初勝利!と思ったのですが、相手ボールフォルダーに対し2人でプレスをかけたため、ゴール前をノーマークにしてしまい失点。惜しくも勝利できませんでした。

今回の収穫は、速く強いプレスにも動じないでプレーすることが出来たところです。ただ新たな課題としては、最後のフィニッシュの部分…シュート場面はかなり作ることができたのですが、ことごとくキーパー正面、また枠から外れてしまうことが多かったです。焦らずシュートできるための技能を身につけるのは、エリセにとってかなり高い課題ですが、目指す価値はありますね。

0 コメント

福井丸岡ラックさんと初対戦!

 

17日(日)エリセFCは、女子フットサルフェスティバルin松本スカイパークに参加しました。このフェスティバルは一般社会人から中学生までの女性を対象に試合を行うもので、エリセFCの中学生チーム9人は、U15の部に出場しました。午後の対戦は全日本女子U15フットサル選手権大会2連覇中の福井丸岡ラックさんと初対戦。エリセの選手達は雲の上の存在であったチームを相手にミスを連発。なかなかパスがつながらず防戦一方となりました。が、数は少なかったのですが、相手からボールを奪うとすかさずシュート!…惜しくも得点にはならず0対3、0対3の完封。全国優勝しているチームに最後まで点を決めることが出来ませんでした。だた、今回、中学年代で国内トップのチームと対戦することで、エリセのメンバーのフットサルに対する意識が数段あがった気がしました。また、フットサルの技術面だけでなく、試合以外の"あいさつ”や"すばやい行動”など全国一のチームの立ち振る舞いを肌で感じることができ、とても素晴らしい経験を積むことが出来ました。

0 コメント

Special Thanks